1. ホーム
  2. 精力アップ方法
  3. ≫中折れ防止!キウイが精力アップの食べ物。絶倫フルーツと呼ばれる理由とは!

中折れ防止!キウイが精力アップの食べ物。絶倫フルーツと呼ばれる理由とは!

精力アップに繋がる食べ物と言えば、

  • うなぎ
  • 牡蠣
  • すっぽん

こういったものが代表的ですね。

でも、どれも高いので、毎日食べる事は出来ませんし、毎週1回も結構厳しいですよね。
そこで、スーパーでも変えるお手軽なフルーツがあります。

キウイ

これです。

キウイ

キウイは、ニュージーランドに生息するキウイ鳥に似ていることから名前がつけられたと言われています。

そのため、ニュージーランド産がかなり多いです。

でも、実は、キウイの原産は、中国です。
20世紀の初頭に、中国からニュージーランドに苗木がわたって、ニュージーランドで作られるようになりました。

中国では、キウイのことを、ミホウトウと読んでいます。
キウイがサルに似ているもモモという意味が由来です。
(サルは、中国では、「ミホウ」と呼ばれています。)

キウイは、実は、絶倫フルーツで、精力アップの食べ物

あなたは、初めて聞きましたか?

結構驚かれます。

キウイが?

という感じです。

ED(勃起障害)は、いろんな原因がからみ合っていますが、この中の一つに、キウイに含まれている成分が効果的だから注目されています。

勃起障害の大きな原因は、あそこへしっかりと血液が流れない事です。

血管が硬くなって弾力を失うため、血流が悪くなり、あそこが充血しなくなります。

これに対して、キウイに含まれている「ビタミンC」が血管を柔らかくして、弾力性を保ちます。
そうすることで、血液が流れやすくなり、あそこへ大量の血液が流れます。

血流が良くなると、ギンギンに勃起させることができます。
勃たせるだけでなく、持続力もアップするので、中折れを防ぐことができます。

勃起するには、もう一つの要素が必要です。

血管が柔らかくなって、血流が良くなるのは良いのですが、血管を流れる血液がドロドロでは、しっかりと流れず大量に入っていきません。

血液をサラサラの状態にすることも同時に必要です。

血液サラサラ

血液がドロドロな状態になっている理由の一つに、悪玉コレステロールが多いことがあげられます。

この悪玉コレステロールを除去するのは、ビタミンEです。

キウイには、ビタミンC以外にももう一つ、ビタミンEが豊富に含まれています。

キウイを食べることで、ビタミンEが血液をサラサラにしてくれ、あそこに大量の血液が流れるようにしてくれます。

ビタミンEは、血液をサラサラにするだけでなく、元気な精子を作る役割もあります。

ギンギンにして、元気な精子を大量に発射してくれるまさに、絶倫フルーツです。

男性にも起こる更年期障害

更年期障害と言えば、女性だけと思っている方が多いのですが、実は、男性にもあります。

男性の更年期障害

45〜55歳

原因は、男性ホルモンの減少

これは、ほぼ女性と同じです。

男性ホルモンは、大脳皮質で性欲を引き起こす重要な刺激物です。

つまり、男性ホルモンが少なくなると、性欲がなくなるという事です。

男性ホルモンを作ろうとするのが、ビタミンB群です。
しかも、このビタミンB群もキウイには入っています。

性欲は、ストレスで落ちますが、ビタミンB群が少なくなっても落ちていきます。
男性ホルモンがなくなるからです。

最後に、注目したいのは、亜鉛です。

精子を作るのに、亜鉛は必要といわれていますが、それだけではありません。
精力アップにもつながります。

この亜鉛もキウイには含まれているので、毎日1個は食べましょう。

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。