1. ホーム
  2. ED・勃たない・中折れ
  3. ≫3人に1人がEDを経験!精力が落ちると夫婦関係も危ない理由とは

3人に1人がEDを経験!精力が落ちると夫婦関係も危ない理由とは

EDを経験する

10代、20代の頃ならいざしらず、40代、50代の中高年の年代になると、どうしても精力に衰えを感じてしまうものです。

1997年2月22日号の「週刊現代」に興味深い記事が載っていました。

「ミドルのための性生活」と題するこの連載記事において、首都圏に在住する36歳から50歳までの妻帯者サラリーマン300人にアンケート調査を行った結果、

「男性機能に衰えを感じますか?」

という質問に、

「衰えを感じる」

と答えた人:223人

全体の約75%が精力の衰えを実感しています。

さらに、もっと驚くべきことは、300人中、97人が「不能体験あり」と応えています。

3人に1人がEDを経験しています

この数字は、年代が36歳から50歳までというのがポイントです。
すでにこの年齢になると、EDを経験する、もしくは、精力の衰えを実感する、という事です。

あと、セックスレスになる夫婦もかなり多いですよね。

「うちの妻とは、1年に1,2回ぐらいしかセックスしない」

と応える男性は多い。

Aさん、大手金融機関に勤務の42歳

結婚15年、子供2人

「急に、精力が落ちたなと実感したのは、ちょうど40歳になるぐらい。
仕事が忙しくて、家に帰ってもそれどころじゃなくて、疲れて何もせずに寝たいというのもあったのかもしれないけれど、妻から誘われても全くそんな気になれなかった。

実際、あそこも全く反応しなかったので、もしかして、EDかな?と思ったぐらい。」

と語るAさん。

実は、この年齢になると、Aさんと同じような人は増えます。

Bさん(52歳、保険会社勤務)

「昔は、結構、風俗とか行ってたけど、ここ数年はさっぱり行かなくなったよ。
うちの妻とは、もう5年以上、セックスレス。

妻は、諦めていると思うけど。」

というように、こういった人もいます。

また逆に、子育てを経験した女性にありがちな展開もあります。

47歳のCさん

「30代の頃は、俺が積極的に誘っていたけど、妻は、育児に疲れて、全くその気なし。。。

今日は疲れてるから、とか言って、そのままセックスレスに。

それが、40代も過ぎてある程度、子育ても手が離れて来ると、妻から積極的に誘ってくることに。

でも、もうこっちは、その気もなく、今更来られても・・・
というのが本音だけど、そうも言えず。

何とかやろうとするけど、勃たず・・・

『EDじゃない!』

と言われて、役立たずと言われる始末・・・

勘弁して欲しいよね。。

翌朝の雰囲気は、かなり悪いよね。。

子供がいなかったらどうなっているかな、と時々思うよ。」

夫婦間において、セックスは大切なコミュニケーションです

コミュニケーション

セックスがなくても仲が良い夫婦はいますが、少なくて、味気なくなっている場合がほとんどです。
また、ごく些細な事で亀裂が入って、気づいた時には、後戻り出来ないレベルになっている事もあります。

そのため、妻とはいくつになっても気持ち良くセックスすることって結構大切です。

もちろん、自分の性欲を満たすことも含まれています。

40代は仕事も忙しく、責任あるポジションにつくことも多いですが、精力の自信がなくなることで、仕事が上手くいかない、という事例もあるぐらいです。
それぐらい、精力は重要な要素とも言えます。

確かに、40代になると精力が落ちる人もいますが、そうでない人もいます。

家電メーカーに務める45歳、Dさん

現在、28歳の職場の部下と不倫関係にあり、週1回のペースでセックスをしています。
さらに、奥さんとも週1〜2回程度、セックスをしています。

「精力の衰え?

確かに、20代と比べると衰えたように感じなくもないかな。
あの時って、一晩に3回、4回とか平気でしょ。

今は、それほど回数は出来ないけれど、中身は良くなった気がするよ。

今の不倫相手も回数よりも中身を重視してくれていて、1回のセックスでどれだけ彼女を満足させる事が出来るか、って考えるよ。

妻とも上手くやっているし、妻には、妻の魅力があって、若い時よりも今の方がお互いセックスを楽しんでいるような気がするよ。
それもあってか、まさか不倫している、とは思っていないと思うな。

今までの中で、家庭関係は一番、円満かな」

最近、芸能人や国会議員が不倫で騒がれているので、賛否両論ありますが、セックスが全くない男性からすると、すごく羨ましいと思う人が多いと思いますよ。

大きな声では言えませんが。

精力があって、40代でもバンバンセックスしている人は、仕事も上手く行っている人が多いです。

セックスもバンバン、出世している男性の話し

出世する男

大手総合商社に務める42歳、Eさん

Eさんの信条「仕事のエネルギーはセックスにあり」

「妻の他に、セックスフレンドは常に2〜3人はいるかな。
そんな事を友人に言うと、羨ましがられるか、よく身体が持つよな、と言われるけど、全く逆かな。

セックスを楽しんでいるからこそ、仕事も活力が出てきてさらに、ストレスの発散も出来る。

俺にとっては、セックスは、この競争社会を生き抜くための欠かせないパワーの源かな。
闘争本能を呼び起こしてくれるような感じ」

セックスフレンドともセックスしながら、奥さんとも週1回はセックスしていると言うから凄いですよね。

人の2倍働き、成果もきっちり残す。
時間管理をしっかりするのも大切ですよね。

精力が落ちる人とそうでない人は、何が違うのでしょうか。
しっかりと性欲のメカニズムを理解する事が大切だと思います。

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。