1. ホーム
  2. バイアグラ・勃起薬
  3. ≫70歳過ぎたらED治療薬を使って、仁王立ち!

70歳過ぎたらED治療薬を使って、仁王立ち!

「私は、この年齢になって偶然のように勃起薬に出会いました。」

そう話をするのが、今年72歳になる斎藤さん

埼玉県に住む工場で働いている男性だ。

「年齢を重ねるうちに人並みに勃起が弱くなっていったんですが、

『女性は男が弱々しくても、丁寧な愛撫でオーガニズムに達することができる』

『挿入なんてしなくても楽しめる』

『そういう優しいセックスが大切』

そんな風に思って、それなりに楽しく過ごしてきました。」

ところが70歳を目前にして、あるとき、膀胱に胆石が絡み、泌尿器科にお世話になりました。

そこの先生と話をするうちに

私が、

「もうこの歳になると、おしっこが出る以外、役にも立たない奴ですよ。」

と言ったら、先生が

「そんなことはありませんよ。
ご希望なら薬を試してみますか」

と言われて、好奇心半分で

「シリアス」

を処方してもらいました。

シアリスを処方してもらった結果

シアリス

(出典:くすりのしおり

最初の感想は、

なんだ、世の中でいうバイアグラじゃないのか

でした。

「先生は、『セックスする直前でなくても、飲んでおけば1日半ぐらいは効果があります。
別に飲んだ後にセックスしなくてもいいんですよ。
自然に効果が切れるだけで、何の問題もありません。
まあ、気軽に飲んでください』という。

そんな適当なことでいいのかと半信半疑でしたが、『血管を広げるような作用がありますから、血管年齢を維持するのにもいい。
健康サプリメントの感覚で飲んでみてください』

という話しだったので、気の向いたときに飲んでいたんです」

そんなある晩、ソファで妻とテレビの用がを見ていると、主人公と美しいヒロインが激しく結ばれるセクシーな場面があったんです。

「普通の映画ですから、それほどエロティックだったとは思いませんが、『キレイな裸だなあ』と思っているうち、突然あそこが反応。

ムクムクムク〜、と硬くなっていきました
久しぶりに勃つあの、あそこに血液が集まって熱くなっていく、あの感覚がしてね」

仁王立ち

 

それを見た妻もビックリ!!
だが妻の側も、いきなり”仁王立ち”した夫の分身を受け入れる準備はできず、いきなり口に咥えて愛撫を開始してくれたそうです。

「挿入しなくても、うれしかったですね。
妻も勃ったモノを見て、とても興奮したと言っていました。
もちろん、薬を飲んでも、若いころのように隆々とそそり勃つというわけにはいきません。

でも、私のペニスが硬く、大きくなるのを見ると、妻は「まだアナタも若かったのね」と喜んでくれます。

嫌な顔をされたことは一度もない。
それだけ私も気持ちが一気に若返って、思う存分、セックスを楽しむことができるんです」

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。